大学案内

学部紹介

環境自然学部
学部長:八草モリゾウ教授

環境工学部

国際交流環境学部
リベラルアーツ教育を取り入れています。

大学院

環境生物学研究 モリゾー・キッコロ専攻コース(修士課程・博士課程前期・後期)

授業時間割

1時限目 9時40分~11時10分
2時限目 11時20分~12時50分
3時限目 14時0分~15時30分
4時限目 15時40分~17時10分
5時限目 17時30分~19時0分
6時限目 19時10分~20時40分

土曜・日曜は5・6時限目はありません

学部授業パターン

前期(春4月開講)と後期(秋10月開講)の二学期を採用しています。

A:毎週1回開催される授業。(半期計16日で15コマ+試験で2単位)

B:隔週授業。隔週で2コマ連続で開催される授業、土曜・日曜日にも実施(半期計8日で15コマ+試験を行い2単位)

C:集中授業
平日もしくは土日2日間で計8回の授業+試験を実施(半期1単位)
平日もしくは土日の計4日間で計16回の授業+試験を実施(半期2単位)

D:夏季・春季集中授業
夏季・春季期間に授業15回+試験を行い2単位を取得。
1日4コマ×4日間、1日2コマ×8日間など

E:市民講座授業
1日で2~4コマの授業を受講。単位は認定されませんが、本学独自の受講認定をします。
都度申し込みで誰でも受講できます。

卒業相当認定者の主な就転職先

モリゾウ商事
モリゾウ国政府職員
大モリゾウ森林鉄道
大名古屋新聞社
きよぴ岐阜鉄道
森林会(香港のモリゾーマフィア)
日本国内の政府職員・各種公務員
国連職員
米国CIA諜報員

その他モリゾー系企業に多数

(在学中に就転職しその後卒業認定に至った者も含む)

タイトルとURLをコピーしました